Q:伸び盛りの時期にカルシウムだけ与えても吸収されにくいって本当?
A:本当です!大事な成長期に必要なのは“適切な栄養バランス”でした!
>>詳細はこちらをクリック!

小学5年生男子の平均体重ってどのくらい?

 

 

小学5年生男子の平均体重とは、何キロくらいなのでしょうか?

 

子どもの成長には個人差があり、
体重にも差があって当然だと思うのですが、

 

11歳と言う年齢から、痩せすぎ、或いは太りすぎというのは、
気にするべきなのでしょうか?

 

もし、11歳の子どもの体重を気にすべきだと言うのであれば、
どのように体重管理をすれば良いのでしょうか?

 

 

まず、小学5年生の男子の平均身長と平均体重は、

 

145.0cm 38.3kg

 

となっていますが、
子どもの成長には差があり、11歳といっても身長にも大きく差があります。

 

そこで、身長から考えた標準体重をみていくことが必要です。

 

この場合、標準体重は、

 

標準体重=身長(m)×身長(m)×身長(m)×13 

 

と言う計算式で表すことができます。

 

お子さんの身長を当てはめて計算してみてくださいね。

 

その上で、ベスト体重と比較して、
太っている、痩せているということを判断してみてください。

 

多少の違いは大丈夫ですが、
11歳と言う年齢から、あまりにも太りすぎてしまうと、
やはり病気が心配ですし、運動不足にもなりがちです。

 

太ってしまうと、どうしても動くのが億劫になります。

 

子どもの健やかな成長のためには、運動することというのは欠かせません。

 

また、子どもの頃の肥満は、
大人になってからの解消も難しいと言われています。

 

栄養のバランスが取れた食事、睡眠、そして十分な運動によって、
標準的な体重を目指すことで健康管理をしてあげたいですね。